マットバッグアクセサリーファッションインナー小物トートバッグ途上国の支援ZIBレギンス

会員専用ページ
ログイン
メールニュース
ショッピングカートを見る
おすすめ商品
売れ筋商品
フリーページ
rss atom
ホーム トートバッグ
ホーム 途上国の支援
CCFクラシックトートバッグ(赤い蘭)


販売価格

6,267円(税込)

購入数

<サイズ>

  • ●外形寸法:タテ33cm×ヨコ40.5cm×マチ10cm / 底板の大きさ:約10cm×約35.5cm /持ち手:長さ約56cm
    と大容量!持ち物が多い方も安心です。
  • <仕様>

  • ●ファスナーでの開閉式です。
  • ●内側にポケットが合計3つ(ファスナー式1・小ポケット2)。小ポケットは携帯電話や鍵などが入るサイズです。
  • ●全てのバッグが手づくりで丁寧に仕上げられています。
  • ●明るい色の米袋を再利用して作られているため、1点1点、絵柄が異なります。
  • ●表面と対照的な色の裏地がついています。
  • ●さらに、透明なプラスチックのビニールコーティングが施してあり、耐久性は十分で雨の日にも対応します。
  • ●持ち手の幅は5cmあり、重い荷物を入れても肩が痛くなりにくいと評判です。
  • ●重さは約500gと軽い仕上がり。

  • <ポルポトの大量虐殺>

  • ●1970年代、カンボジアではポル・ポトが率いる共産主義勢力が政権につきました。 ポル・ポト政権は彼らの理想とする共産主義を実現するため、邪魔になる人々を次々と殺していきました。 主に、教師・弁護士・科学者・医者などの知識層が殺害の対象とされ、次第に、都市住民、伝統技術の継承者などの一般カンボジア人に至り、 実に「眼鏡をかけている」だけで、殺されたといいます。 このポル・ポト政権時代の数年間で、約200万人、人口の約4分の1のカンボジア人が処刑されました。 そして独裁政権の崩壊後、知識層はほぼ全滅し、わずかに字が読めた人が教師になりました。 このような過去の出来事の影響を受け、現在カンボジアの教師のレベルは、日本の小学生並だといわれています。
    現在までにも、カンボジアへは様々な海外援助が行われていますが、貧しい国が経済発展するには最低限の生活の支援と、何よりも知識層を創る教育が大切です。 カンボジア人が自らの手でよりよい国を作っていけるような土台を作ることが、豊かな国に生まれた私たち一人ひとりにできることかもしれません。

  • ●バッグは、カンボジアはプノンペン郊外の劣悪な環境においてカンボジア児童基金:CCF(以下参照)が支援している社会的弱者となる女性によって作られています。 ここで女性達は英語やコンピューターなどの一般教養から、縫製・デザインなどの研修を受けており、無料で健康管理や食事を得ています。

  • <カンボジア児童基金:CCFとは>

    カンボジア児童基金(CCF)は、世界で最も貧しく環境が劣悪なプノンペンの郊外に位置するスタメンチャイの埋め立て地に住み働いている子どもたちを支援しています。CCF はこれまで、主に基本的ニーズと教育に焦点をあて、1,000 世帯以上の家族の生活を変えてきました。 きれいな水や食べ物、ヘルスケア、教育への接点を提供し、子どもやその家族に 4 校の寄宿学校、3 校の分校、コミュニティ医療センター、デイケアセン ター、保育園、妊婦管理プログラム、福祉事業を通じてケアしています。CCF の寄宿学校は、6 歳から 18 歳の 450人の子供たちに、安全な宿泊施設やヘルスケア、温かい食事、ビタミン、学習機会を提供しています。

    <その他>

  • ●弊社はカンボジア児童基金商品の正規日本代理店です。
  • ※カンボジア児童基金(CCF)は2004年に設立され、カンボジアで最も貧しい地域社会の一部から弱い立場にある子どもたちの人生を変えるような教育、栄養と癒しを提供しています。
  • ●バッグの収益はこの貴重な職業訓練プログラムの資金となります。

  • Copyright © YOGA JOINT ,inc. All Rights Reserved.